トレンド競馬 WIN5情報 (2019年4月14日)


 
 
買い目点数: 0
会員登録・IPAT設定をするとトレンド競馬からWIN5馬券購入ができます
発走時刻の変更等により、レース順序が変わることがあります。ご注意ください。
一攫万金コース(背景が赤い馬)では買い目を絞り、一攫億金コース(背景が青い馬)は、買い目を手広くし、的中率を上げるコースです。
一攫万金コースを押すと背景が赤い馬が、一攫億金コースのボタンを押すと背景が赤及び青の馬が選択されます。
騎手名・調教師名の横の数値は、平地の勝率です。15%以上は赤字、10%以上は青字で表記しています。

【石神鉄夫】
先週は54点買いでWIN2。3→1→12→8→2番人気の組み合わせで1168万円の払戻金でした。ハズしたのは難易度☆☆☆にした3レース。荒れると分かっていたレースをハズしたので、ある意味、納得の敗戦ですが、これではいつまで経っても赤字続きでしょう。すぐには変われないので、タイミング良く元号が変わる2週間後を目標にして意識改革をしていきましょう。

【水上まさお】
難波Sは上位拮抗で意外と難解ですが、過去10年の勝ち馬を見ると、すべて4、5歳馬。ジークカイザー、バイガエシの2頭は思い切って消します。狙いは唯一の4歳馬でこの距離4戦3勝のワイプティアーズ、展開利があってこの条件も得意なブラックスビーチ。この2頭でいきます。

【石神鉄夫】
京葉Sは人気でもジューヌエコール。ダートに転戦後のここ2走が秀逸ですし、何より今回は大幅な鞍上強化。シュウジが59キロなら1頭選択で。

【勅使河原武】
福島民報杯は同じ54キロのハンデだった大阪城Sで4着に健闘したレッドローゼスが最有力。自在性があるので初めての福島も大丈夫でしょう。これに続くのが2走前のオープン勝ちが光るドレッドノータス。穴は福島で4戦4連対、前走の中山記念でも最速の上がりをマークしているマイネルサージュです。

【水上まさお】
アンタレスSは単純ですが、人気を二分しそうなグリム、ウェスタールンドの2頭に期待。異なった脚質だけに展開による共倒れもなさそうです。

【石神鉄夫】
皐月賞はここまでのパフォーマンスが完璧なサートゥルナーリア。ルメール騎手が皐月賞、ダービーは勝てると言うのだから間違いないでしょう。

【菅原一馬】
一時退社(トレンド競馬へ予想参加のため)

【真行寺一彦】
一時退社(音信不通のため)

前回からのキャリーオーバー額 0 円
発売票数 6,080,168 票
発売金額 608,016,800 円
レース 勝馬 残り票数
阪神10R
難波ステークス
02 テリトーリアル
(2番人気)
640,907 票
中山10R
京葉ステークス
06 アポロノシンザン
(6番人気)
27,555 票
福島11R
福島民報杯
13 レッドローゼス
(1番人気)
4,007 票
阪神11R
アンタレスステークス
09 アナザートゥルース
(6番人気)
233 票
中山11R
皐月賞
12 サートゥルナーリア
(1番人気)
108 票
的中馬番 2-6-13-9-12
払戻金 3,940,840 円
的中票数 108 票
返還金額 0 円
返還馬番:
次回へのキャリーオーバー額 0 円
WIN5検討社 メンバープロフィール
真行寺一彦
検討社の代表。大手広告代理店に勤務。大レースが大好きで、GIになると俄然力が入るお祭り男。発言が軽く、適当そうに見えるが、個性派揃いのメンバーをまとめるリーダーシップはなかなか。
水上まさお
メンバー最年少で、父親が経営している印刷会社に勤務。競馬ゲームマニアで競馬オタク。血統はかなり詳しい。馬券の傾向としては、ガチガチの本命党。
菅原一馬
メンバー最年長。出版社で雑誌の編集長。以前は競馬雑誌も担当した事があり、競馬歴は30年以上。いつも冷静沈着。本命から中穴まで幅広くカバーする。
石神鉄夫
製薬会社の研究員。あらゆる物に対して理論に基づいた考え方をする。直感だの、オカルトだのが大嫌いな性格。競馬はもちろん、バリバリのデータ派。
勅使河原武
フリーのカメラマン。サラブレッド写真を主に撮っているので、競馬場やトレセンに出入りしている。それだけに競馬関係者とのパイプも太い。情報をもとに馬券を買うタイプで、穴党。