トレンド競馬 WIN5情報 (2020年9月21日)


 
 
買い目点数: 0
会員登録・IPAT設定をするとトレンド競馬からWIN5馬券購入ができます
発走時刻の変更等により、レース順序が変わることがあります。ご注意ください。
一攫万金コース(背景が赤い馬)では買い目を絞り、一攫億金コース(背景が青い馬)は、買い目を手広くし、的中率を上げるコースです。
一攫万金コースを押すと背景が赤い馬が、一攫億金コースのボタンを押すと背景が赤及び青の馬が選択されます。
騎手名・調教師名の横の数値は、平地の勝率です。15%以上は赤字、10%以上は青字で表記しています。

【石神鉄夫】
昨日(日曜日)は16点買いでWIN2。1→1→7→3→6番人気の組み合わせで178万円の払戻金でした。いくら競馬好きとはいえ、4連休のうち3日間も犠牲にするのは少しやるせない気持ちがありますが、東京人は今月末までは辛抱、辛抱です。いまのところ来月以降も大きな予定はなく、PS5の予約だけではなくGoToトラベルの予約もスルーしていますが、用意周到に越したことはないので、口座の残高だけは増やしておきたいですね。

浦安特別は昇級緒戦の前走が強い2着だったアヴォンリーが最有力になります。叩き2走目で鞍上強化、デビュー勝ちが中山で快勝と条件面もいい事づくし。力さえ出し切れればとは思いますが、怖いのはアストロブレイクなどと競ってオーバーペースになったとき。そのパターンでハマりそうなのが、鋭い末脚とコース実績を併せ持つニシノホライゾン、パルディエス。1レース目なので手堅く3頭選択でいきます。

【水上まさお】
ブエナビスタCはマイルで連勝中のサンライズオネストに期待します。ここ2走のような楽な逃げには持ち込めない組み合わせですが、本来は差す競馬も可能。3連発も十分でしょう。これに続くのが仕上がりの良さが目立つクリスティ。マイルでは勝っていませんが、新馬2着があり、左回りもリステッド競走で2着。自己条件に戻る今回は狙い目です。チュウワノキセキは強かった2走前のレコード勝ちが逆にネック。本質は直線が平坦な高速馬場向きとみて敬遠します。

【石神鉄夫】
テイエムオペラオーCは叩き2走目で1ハロン延長もいいヴァンランディが人気に応えてくれそうですが、約1年にわたって目下6連敗中。デビュー当初のインパクトはありません。内回りの2000mでは確実に勝ち負けに持ち込めているプライドランドを加えた2頭選択でいきます。

【水上まさお】
JRAアニバーサリーSは連勝中のアスターマリンバ、メイショウソテツに期待します。どちらも前走が同じ左回りの新潟で快勝。単純明解にこの2頭で。

【石神鉄夫】
セントライト記念は昨日のローズS同様に春のクラシック組が優勢。過去10年の勝ち馬のうち7頭がダービー直行組です。ここ2年がそうであるように、そのうち4頭が2桁着順からの巻き返しなのでそこでの着順は問いませんが、大敗していた4頭を見ると、うち2頭が皐月賞3着馬で1頭が京成杯勝ち。ダービー出走以上に中山でのコース実績が重要視される傾向にあります。皐月賞3着のガロアクリーク、そして弥生賞ディープインパクト記念の勝ち馬サトノフラッグが今年の狙い目となります。

【勅使河原武】
秋休み

【菅原一馬】
一時退社(トレンド競馬へ予想参加のため)

【真行寺一彦】
一時退社(音信不通のため)

前回からのキャリーオーバー額 0 円
発売票数 7,126,327 票
発売金額 712,632,700 円
レース 勝馬 残り票数
中山9R
浦安特別
15 アヴォンリー
(2番人気)
1,718,849 票
中京10R
Mブエナビスタ
13 クリスティ
(2番人気)
431,306 票
中山10R
Mテイエムオペラオー
02 ヴァンランディ
(1番人気)
159,595 票
中京11R
JRAアニバーサリー
03 ダイアナブライト
(6番人気)
6,640 票
中山11R
朝日セントライト記念
06 バビット
(4番人気)
1,003 票
的中馬番 15-13-2-3-6
払戻金 568,400 円
的中票数 1,003 票
返還金額 0 円
返還馬番:
次回へのキャリーオーバー額 0 円
WIN5検討社 メンバープロフィール
真行寺一彦
検討社の代表。大手広告代理店に勤務。大レースが大好きで、GIになると俄然力が入るお祭り男。発言が軽く、適当そうに見えるが、個性派揃いのメンバーをまとめるリーダーシップはなかなか。
水上まさお
メンバー最年少で、父親が経営している印刷会社に勤務。競馬ゲームマニアで競馬オタク。血統はかなり詳しい。馬券の傾向としては、ガチガチの本命党。
菅原一馬
メンバー最年長。出版社で雑誌の編集長。以前は競馬雑誌も担当した事があり、競馬歴は30年以上。いつも冷静沈着。本命から中穴まで幅広くカバーする。
石神鉄夫
製薬会社の研究員。あらゆる物に対して理論に基づいた考え方をする。直感だの、オカルトだのが大嫌いな性格。競馬はもちろん、バリバリのデータ派。
勅使河原武
フリーのカメラマン。サラブレッド写真を主に撮っているので、競馬場やトレセンに出入りしている。それだけに競馬関係者とのパイプも太い。情報をもとに馬券を買うタイプで、穴党。