トレンド競馬 WIN5情報 (2018年6月17日)


 
 
買い目点数: 0
会員登録・IPAT設定をするとトレンド競馬からWIN5馬券購入ができます
発走時刻の変更等により、レース順序が変わることがあります。ご注意ください。
一攫万金コース(背景が赤い馬)では買い目を絞り、一攫億金コース(背景が青い馬)は、買い目を手広くし、的中率を上げるコースです。
一攫万金コースを押すと背景が赤い馬が、一攫億金コースのボタンを押すと背景が赤及び青の馬が選択されます。
騎手名・調教師名の横の数値は、平地の勝率です。15%以上は赤字、10%以上は青字で表記しています。

【石神鉄夫】
先週は16点買いでWIN3。1→1→5→10→2番人気で120万円の払戻金でした。的中したのは人気馬が勝った3レース。ハズれた2レースに関しては、荒れることが前提だったマーメイドSよりも9頭立てだった多摩川Sのほうが難解でしたね。盛り上がりに欠けると言いながらも、始まってしまえば観てしまうのがスポーツ最高峰の祭典サッカーW杯。当然、そちらのほうが重要なので、今週もローリスクの少点数買いで攻めていきましょう。

【水上まさお】
灘Sは人気でもハイランドピーク。除外続きで間隔は開きましたが、中間の気配からはむしろリフレッシュされた感じ。力任せに押し切れるでしょう。

【石神鉄夫】
青梅特別は降級馬2頭が有利ですが、とりわけワイルドカードは休み休みしか使えないなかでの4戦3勝。前走で初めて土がつきましたが、能力は間違いなくオープン級です。いままでよりも比較的詰めて使える今回は負けません。

【勅使河原武】
函館スプリントSは過去2年がレコード決着。となれば、昨年の覇者ジューヌエコールが最有力ですが、昨年比4キロ増の斤量に加えて戦績も2桁着順続き。今年は見送ります。また今年は軽量の3歳馬が不在なだけに、ここは素直に近走内容を重視。高松宮記念3着のナックビーナスを狙います。あとは2走前にこれを差し切っている昨年の2着馬キングハート。この2頭でいきます。

【水上まさお】
米子Sは2年ぶりでもチェッキーノ。休養前のオークスが勝ちに等しい2着。ここまで復帰がずれ込んだのも万全を期した裏返しとみます。ただし、臨戦過程がイレギュラーだけに、もう1頭の人気馬タイセイサミットも追加します。

【石神鉄夫】
ユニコーンSはデビュー3連勝が完全無欠の強さだったルヴァンレーヴ。前走で負けた勝ち馬は2走前に完封している馬。油断負けでもなければ力負けでもありません。ミルコ騎乗で左回りならV最短です。もう1頭挙げれば、このレースのトライアル的な青竜Sを勝ったグリムですが、思い切って1頭選択で。

【菅原一馬】
一時退社(トレンド競馬へ予想参加のため)

【真行寺一彦】
一時退社(音信不通のため)

前回からのキャリーオーバー額 0 円
発売票数 6,335,979 票
発売金額 633,597,900 円
レース 勝馬 残り票数
阪神10R
灘ステークス
07 ハイランドピーク
(1番人気)
2,951,970 票
東京10R
青梅特別
12 シヴァージ
(2番人気)
659,398 票
函館11R
函館スプリントS
01 セイウンコウセイ
(3番人気)
90,729 票
阪神11R
米子ステークス
07 ベステンダンク
(9番人気)
1,384 票
東京11R
ユニコーンステークス
14 ルヴァンスレーヴ
(1番人気)
418 票
的中馬番 7-12-1-7-14
払戻金 1,061,040 円
的中票数 418 票
返還金額 0 円
返還馬番:
次回へのキャリーオーバー額 0 円
WIN5検討社 メンバープロフィール
真行寺一彦
検討社の代表。大手広告代理店に勤務。大レースが大好きで、GIになると俄然力が入るお祭り男。発言が軽く、適当そうに見えるが、個性派揃いのメンバーをまとめるリーダーシップはなかなか。
水上まさお
メンバー最年少で、父親が経営している印刷会社に勤務。競馬ゲームマニアで競馬オタク。血統はかなり詳しい。馬券の傾向としては、ガチガチの本命党。
菅原一馬
メンバー最年長。出版社で雑誌の編集長。以前は競馬雑誌も担当した事があり、競馬歴は30年以上。いつも冷静沈着。本命から中穴まで幅広くカバーする。
石神鉄夫
製薬会社の研究員。あらゆる物に対して理論に基づいた考え方をする。直感だの、オカルトだのが大嫌いな性格。競馬はもちろん、バリバリのデータ派。
勅使河原武
フリーのカメラマン。サラブレッド写真を主に撮っているので、競馬場やトレセンに出入りしている。それだけに競馬関係者とのパイプも太い。情報をもとに馬券を買うタイプで、穴党。